異形鉄筋の種類・サイズをご紹介

異形鉄筋のサイズ

異形鉄筋のの画像

呼び名 公称直径
(mm)
最外径
(mm)
D6 6.35 -
D10 9.53 11
D13 12.7 14
D16 15.9 18
D19 19.1 21
D22 22.2 25
D25 25.4 28
D29 28.6 33
D32 31.8 36
D35 34.9 40
D38 38.1 43

鉄筋とは、コンクリート製の建造物を作るときに、コンクリートの強度を増すために、中に入れる鋼鉄の棒の事を言います。表面に突起のある異形棒や丸棒などがあり、世間一般では、「鉄筋コンクリート」の名で知られています。

鉄筋とコンクリートは相性が良く、一緒に使用すると素晴らしい力を発揮します。鉄筋は引っ張りには強いですが、細長く曲がりやすいので圧縮力をかけると曲がってしまいます。コンクリートはその逆で、圧縮力には強いが、引っ張り力にはほとんど抵抗せず、引っ張り力と圧縮力の組み合わせである曲げをかけた場合はポキッと折れてしまいます。ところが、コンクリートの中に鉄筋を入れると、引っ張り力、圧縮力、曲げのいずれに対しても強い構造体となるのです。ようは、短所を補い合っているということです。また、コンクリートと鉄筋の熱膨張性質が似ていることなど、組合わせる条件も整っているのです。

[ サイズ.COMトップページへ ]


スマートフォン版ページに変更する