畳のサイズ:地域別(関東・関西・中部)、平米数の目安にもなります。

畳のサイズ

ベッドの大きさ

地域別や畳が敷かれる場所によってサイズを5つに分けることができます。畳は「寸」で表示されますが、現在ではわかりやすく「cm」で表す事も多いようです。

畳の呼び名 1畳の大きさ 目安 使われている地域
・京間(きょうま)
・本間(ほんま)
・本間間(ほんけんま)

191cm×95.5cm≒1.82u
(6尺3寸×3尺1寸5分)

京都、関西地方
中国、九州地方
・中京間
(ちゅうきょうま)
・三六間
(さぶろくま)

191cm×95.5cm≒1.82u
(6尺3寸×3尺1寸5分)

愛知、岐阜、三重 福島、山形、岩手 北陸地方の一部、奄美大島
・江戸間(えどま)
・五八間(ごはちま)
・関東間(かんとうま)

191cm×95.5cm≒1.82u
(6尺3寸×3尺1寸5分)

関東、東北、北海道、東日本の大部分、全国的な標準規格
・団地間(だんちま)
・五六間(ごろくま)

191cm×95.5cm≒1.82u
(6尺3寸×3尺1寸5分)

公団住宅、アパート、マンション

他にも、九州地方の一部地域で使用されている「六二間(ろくにま)」:940mm x 1,880 mm(3尺1寸 x 6尺2寸) や近畿、中国地方の一部地域で使用されている「六一間(ろくいちま)」:925mm x 1,850 mm (3尺5分 x 6尺1寸)がある。
全国各地で様々な畳の基本サイズが使われていますが、いづれの規格においても畳の長辺を丈(たけ)、短辺を巾(はば)と呼び、丈と巾の比はおおよそ2:1である。

[ サイズ.COMトップページへ ]


スマートフォン版ページに変更する